ROLEX OYSTER PERPETUAL DATE(ロレックスオイスターパーペチュアルデイト)

1
確か5年くらい前、貧乏旅行の流れでドケチ暮らしをしていた私は、日本の物価の高さにビビってしまい、しばらくずっとお金を使うことがぜんぜんできなかった。徹底したドケチ精神が染み付いてしまった影響で生活出費が少なかったから、安い給金ながらぼちぼちお金が貯まっていた。

そんなときにふと貪欲の火がついたのだ。

ロレックスを選んだ理由は単純である。
私がもっとも尊敬する人物、ダライラマ14世法王もロレックスを所有していたことがあるらしいからである。
法王の自伝の中に、亡命以前若かりし法王が、どうしても時計が欲しくて、でも自分で街にくり出す訳にいかないからラサの街に使いを走らせて、ロレックスとオメガの腕時計を入手したというくだりがある。機械好きで好奇心旺盛な法王様は入手してすぐばらばらに分解されたそうだが、、、

そんなミーハーな理由で私もロレックスに手を出してしまったのだ。
亡くなった私の祖父もロレックスを使っていて、幼い頃に「イイ時計」という情報をインプットされてしまっていたのも理由のひとつではあると思う。

これの正式名称はよくわからないが、ロレックス-オイスターパーペチュアル-デイト-エンジンターンドモデル、でだいたい通じる。東京中野のジャックロードで購入した。
このモデルはロレックスの中古市場では比較的安価なものだ。
1990年製。90,4g。ベゼルに特徴があり、このベゼルはエンジンターンドベゼルと呼ばれているらしい。航空機のエンジンと形状が似ているからだとか。

ロレックスというとネームバリューがすこぶる高いが、実際に使用してみると、その良さは名の誉れに相応しいもであると感じる。
まず精度が素晴らしい。これはロレックスの機械と時計職人の調整とのタッグの結果なわけだが、この時計に関しては時間はほとんどずれない。
調子のいい時は1日で1秒もずれない。ずれても1日で5秒進むくらいである。
入手してから5年間、オーバーホールには一度も出していないが、時間はずっと正確なままだ。
1
外装で好きなところは、ケースの側面のふっくらとした丸みのある柔らかなラインである。
スーパーコピー時計専売店_surewin777.com/

ロレックスコピー専門店

ロレックスエアキングコピー専門店

ベルトもケースもサイドはピカピカに磨き上げられていて、周りの景観を写し込んでいる。
それから針。特に秒針が好きだ。これもまた丸みのある形状で、周囲の光をよく反射して、刻々と表情を変える。
視認性もリュウズの操作感もとてもいい。さすがにどのパーツも造りがとても丁寧だ。
1
バックル部分でベルト長の微調整ができるのだが、つまようじ1本で簡単にできる。
だいたいは誉めることばかりだが、一点だけ難がある。ラグの先端が鋭くとがっていて、子供が触ったりすると怪我をしそうで危ない点である。それだけ、ちょっと痛い。
1
法王様とおそろいという自己満足。ありがたく使わせていただいています。
1

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です