北海道:原始の生活に近付きます.

日本の1番早い人類は、縄文の時代までさかのぼることができて、そして自分の言語と文化を持ちます。日常生活の中でよく祈祷が必要で、さまざまな式典を形成しました。客を迎えるのはその中です。
博物館の近く民族のわらぶき家を展示し、簡素で、ヒューマナイズしている部屋は、人にとても暖かいと感じさせます。隣は1つの小型のホールと商店がありました。
屋内は展示するのは、実はこのような構造は北海道で決してあるのではなくて、前回、東北で取材した時、常にたくさんこのような設備をも見ました。
1

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です