CASIO G-SHOCK  GW-M5600BC

手持ちの時計2個目を紹介させていただきます。

CASIO G-SHOCK GW-M5600BC

1

これは5、6年前にリサイクルショップで入手した。¥5000くらいだったと思う。
店頭に展示してあるときは非常に汚れていた。
どうやったらこんなに汚れがつくのだろうかと思うほど、時計の隙間という隙間に、油かすみたいなものが付着してベトベトだった。だから安かったのかな?
そんなことは気にせず、買って帰ってから水と石けんと歯ブラシでゴシゴシしたら、見違えるようにきれいになった。泥中から出た蓮の如し。
それ以来、もっとも使用頻度の高い時計である。
電波ソーラーだから、正確で、止まる心配がない。
20気圧防水。今はこれの後継でGW-M5610BC-1JFというのがあるが、受信電波が5局か6局の違いだけかな?
ぶつけても落っことしても平気だし、ベルトが金属と樹脂の組み合わせだから、ちぎれる心配はまずない。

樹脂の部分のギザギザ模様がかっこいい。

1

バックルはプッシュ式で、つけ外しが素早くできる。メタル部分は使用によって味が出てくる。

1

重さは現在のベルト長で85,9g。
安心して使えるし、ちょっと厚みがあるがつけ心地はとてもいい。
バックライトは点灯時間が短いが、それは仕方がない。
ベルト調整がゼムクリップ1個で簡単にできる点も素晴らしい。
ストップウォッチもアラームもカウントダウンタイマーもよく利用する。

所有する時計の中で、一番信頼している時計だ。
中古で安く手に入れたのが申し訳ないと思うくらいだ。

1

G−SHOCKには制作者の努力といろんな技術がぎっしり詰まっていると感じる。
カシオさん、素晴らしい時計を、どうもありがとう。
電子辞書も重宝してます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です